JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

2016年07月

画像1

画像1

反落
画像1

日にち分析

7/28

61.11%の確率で前日比(7/27)プラス



画像1

画像1

日にち分析

7/22

65.39%の確率で前日比(7/21)マイナス


16800円台を回復
画像1

反落
画像1

225オプション 7月限のある仕掛け

ATMから2000円離れたコール、プットを売り、500円外を買う

スタート時の損益図
画像1

もしもの時は、50万円程度の損失限定型。

最大利益は、27000円。

6/24ブレグジット時
画像1

今手仕舞えば、78000円の損失で済む。
もし、ここから下落していった場合、50万円弱の損失となるかしれない。

思案のしどころですね。

おそらく、ここで放置はないでしょう。一旦手仕舞って、仕切り直しです。

例えば、こんな感じです。
画像1

再び同じ損失限定型を組みます。

そしてSQを迎えて35000円の損失となります。

ブレグジット時を放置すれば、最初の目論見通り27000円の利益でしたが・・・。

大きな変動でも35000円の損失で済んだと思えば安いのかもしれませんね。

画像1

続伸。
画像1

5連騰、16500円超え
画像1

画像1

画像1

3連騰 一時ブレグジット前の水準へ
画像1

数が多くなったので大きいヤツ以外、一旦逃がしてきました。

カブトムシ オス95 メス82
DSC_1288


ノコギリクワガタ オス51 メス31
DSC_1290

昨晩は雨が降る前に虫とりへ・・・

カブトムシ オス24 メス25 ノコギリクワガタ オス12 メス12

いるエリアといないエリアで別れます。
いないところは、ミツが出ていてもいません。

増えすぎたので、衣装ケースで飼っています。
それでも、多いので週末は、逃がす予定。

DSC_1284

写真は一回行って捕った分です。

1日2回出動です。



2016年7月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション7月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +435,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +186,000円

画像1

 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml


■JPメール配信■

 +191,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01


株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

2016年7月限SQ速報値 15331.34

SQ一覧表
画像1

↑このページのトップヘ