JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

2018年06月

下記のような表記であれば、修正済みです。
画像1


6/25から行使価格の桁が違って入るようになりました。

先週より2桁多いです。

例えば、22000円だと、6/22以前は、22000。
6/25以降は、2200000です。

そのため、「Myストラテジー」からのシート自動取り込みで表示させる事が出来なくなりました。

各行使価格に手入力ならセット出来ます。

買いなら、1
売りなら、-1です。

入力方法はこちらをご参照下さい。

画像1

今まで通り「Myストラテジー」からのセットは、証拠金算出プログラムの変更が必要となり、これから修正に入ります。
プログラムを修正しましたら、お知らせいたします。
ご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございません。

JP


v613

JP法ソフトを知らない向き、初心者の方、またしばらくソフトを使っていなくて、
再び再開されたユーザー様に向けて、どのような使い方が出来るのかを解説した
ページを作成しました。

下記をご覧下さい。
JPソフトの使い方・はじめの一歩・二歩

22000円から23000円の日柄
画像1

画像1

超長期週足NT倍率
画像1


JP法による相場分析(6/18-6/22)

日足
画像1
22167円まで下がり、22782円まで上昇。乱高下の週でした。
22000円割れもあるかと思いましたが、そこは底堅く推移。
23000円は超えず、と22000円台での往来相場でした。


週足
画像1
生短弾は下向き、短弾は上と方向感がありません。

25日から始まる週は月末最終週。
23000円下から、22200円台での推移。
権利落ち後は、やや上となると予想します。

下がったら買い。23000円に近づいたら売りの方針で。

画像1

1つ
画像1

あと一段下で反発か?

画像1

騰落レシオ20日 77.16ポイント

70ポイント割れを待つ。


ザラ場週足ですが、売りサインが点灯しました。

週末まで点灯しているかどうか・・・
画像1

JP会報掲載分 225オプション2018年7月限

6/19の損益図
画像

必要証拠金 651,000円
画像1

JP会報掲載分 225オプション2018年7月限

6/18の損益図

画像1

JP法による相場分析(6/11-6/15)

日足
画像1

米朝首脳会談、各中銀会合を通過し先週に比べ続伸しました。
23000円を超えましたが後が続かず。22000円台半ばから後半での値動きです。
もう少し大きく乱高下するかと思いましたが、週の値幅は高-安で345円。

短弾が上向きからやや下向きへと変化ししそうです。
また生短弾が短弾を下抜きそうでもあります。
上昇より下、22500円割れはありそうです。

週足
画像1

生短弾、短弾は共に上向き。
日足とは方向感が違い、方向感がない相場といえます。

来週は、22500円割れから22000円に近づいたら、逆張りの買い、
23000円超えとなったら、売りというスタンスでのぞみたいところです。

下がりきったら反発する 7238曙ブレーキ工業
画像

買いサインの内容はこちら
画像1


JP法による相場分析(6/4-6/8)

日足
画像1

4日月曜に大きく上放れ。高値で22500円超えです。
そのままジリ高傾向となり、金曜日には高値で22879円でした。
引けにかけては下となり、22695円。
SQ週の波乱もなく上昇しましたが、23000円超えとはなりませんでした。

生短弾と短弾がクロスし、上昇が期待出来そうな感じで立ち上がっています。

週足
画像1

続落とはならず。生短弾はV字です。

23000円超えを目指すような感じではありますが、11日から始まる週はイベントづくし。

大きく動いたら、逆張りで仕掛けたいところ。

大きく動かない場合は、相場はこれからやや下へ向かうのではと思われます。



買いサイン、点灯しなければ自分で作る

既存の買いサインでは、今回の22000円割れからの上昇での点灯はありませんでした。

こういう場合は、自分で作り将来に備えるしかありません。

相場は常々変化するものです。

サインも変化させていく必要があります。

これをカーブフィッティングというならそうでしょう。

しかし、これがテクニカル分析の真実です。

モグラたたきのようなものですから。

完璧な物はありません。

JP法株価分析システムでは、自分で売買サインをつくる事が出来ます。

画像1

今回、注目した指標は、短弾、生短弾、RJ指数です。

複雑にならないようこのような買いサインを作ってみました。

ソフトユーザー様は、点灯ポイントをご確認下さい。

画像1


JP2000ソフトユーザー様は、さらに深く過去の点灯ポイントを見て下さい。

どのくらいの確率で上昇するのか、また下がった場合は、どの辺りまでを見ればいいのかを調べて下さい。
それが、当会のソフトでは出来ます。


225オプション SQ値一覧表

画像1

2018年6月限SQ速報値 22825.20

日経平均
画像1

TOPIX
画像1

2部指数
画像1

日経JASDAQ
画像1

マザーズ総合
画像1

画像1

↑このページのトップヘ