JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

2018年12月

画像1

1年前との比較
画像1

2年前との比較
画像1

3年前との比較
画像1

4年前との比較
画像1

5年前との比較
画像1

6年前との比較
画像1

7年前との比較
画像1

8年前との比較
画像1

画像1

直近3年に限っての事ですが、大発会は、大納会から大きく変動しています。

2019年も大きく動くとは限りませんが、これに賭けた場合、買いを仕掛けていたらどうなるのかを調べてみました。

大納会でATMから500円程度離れたコールとプットを買う。

2015年大納会で仕掛け、2016年1月SQ時
画像1

損益経過グラフ
画像1


2016年大納会で仕掛け、2017年1月SQ時
画像1

損益経過グラフ
画像1


2017年大納会で仕掛け、2018年1月SQ時
画像1

損益経過グラフ
画像1


2018年大納会での仕掛け
画像1
今回は、以前の年と比較して圧倒的にプレミアムが高い。
儲けのチャンスはないのかもしれません。

こっちの方が来年、もし大きく動いたとしても、追加の仕掛けでカバー出来そうです。
画像1




画像1

画像1


今年の最高値から8割以上、下落した銘柄

画像1


2017年末に全銘柄を買ったとしたら・・・

496 / 3300

3300銘柄の内、2017年末と2018年末を比較してプラスとなった数 496。

画像1


10%UPだと285。
画像1


画像1

20日先までのシミュレーション
画像1


ソフト利用事例集第413回には、年に一回の投資法がアップされています。



2017年末の結果はどうなったのでしょうか?

合成チャート
画像1

日経平均との比較
画像1

一年間持続していたら損。

どこで利益確定するか。これが鍵ですね。

画像2
※カブステーションより

当限の板
画像1


米株、利上げで下がるのか?

今回の暴落。

米利上げは、錦の御旗に過ぎません。

そう言っておけば、下落に理由がつくからでしょう。

ダウが史上最高値を更新し、ヘッジファンドの仕掛け売りがあったのでしょう。

丁度いいタイミングだったわけです。


週足 ダウと米10年債利回りチャート
画像3


これをみれば、利上げが株の下落に直接結びつくとはいえません。

そういう場合もある、という程度の事です。

リーマンショック手前で10年債利回りは5%を超えていました。

今の2倍近い水準です。

利上げは、来年打ち止めになるような事も言われていますが、このまま上げ続け、
5%を超えたら、ダウはリーマンショック手前時の14000ドルまで下げるのでしょうか?

もし、そうなったとしたら、そこから再び利下げを開始。そうすれば、今度は3万ドルも夢じゃない?

そんな単純な事じゃないですよね・・・。

ビットコイン・・・この一年の様変わりしました。

2017年の上げ幅がきつかったですから、先物が出来るようになり格好の空売り場と化しました。

下がるべくして、下がったといえます。

去年(2017年)の12月前でしょうか、テレビでピットコイン長者の番組がありましたが、上手く逃げ切れたのでしょうか・・・

この天井圏でナンピンをしていたら・・・。

ドル建て日足チャート
画像1


日経平均の株価から、リーマンショック級を調べる。

直近の高値から60%以上下落すれば、リーマンショック級といえる下落幅でしょう。

1万円割れです。

画像1


ここまでは下がらないでしょう。

2020年10月消費税アップです。

日経平均
画像1

TOPIX
画像1

2部総合
画像1

日経ジャスダック平均
画像1

マザーズ総合
画像1

日経VI指数
画像1

1989年
画像1

1999年
画像1

2009年
画像1

画像1

昔から、パニック売りはいつでも同じ。

バブル後
画像1


413+421
画像1

411+412+413
画像1

画像1

陰線アノマリー

1度陰線が現れると、翌年も陰線となっている。
※バブル以降


画像2
※カブステーションより

画像1


大ざっぱにこうなります。
画像1

そろそろ反騰を期待したいところではありますが、はたして。。。。

ただ、来年を見据えれば、今の19000円割れという水準より高い時があると思います。

↑このページのトップヘ