JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

2019年08月

画像1
※カブステーション

データ
画像2


画像1

ダウ
画像1

ナスダック
画像1

S&P500+VIX
画像1


画像1

画像1

画像1
※カブステーション

データ
画像2


画像1

海外投資家動向 1兆1824億円売り越し 現物+先物
画像1

















JPソフトの使い方 はじめの一歩・二歩

8月11日(日)から8月16日(金)まで毎日更新


画像1

画像1

20610円→20900円→引け20100円
画像1
※カブステーション

データ
画像2

画像2
※カブステーション

データ
画像1


■JP法、斯く戦えり

2019年5月の買い場を更新しました。

こちらをご覧下さい。
http://www.neuralnet.co.jp/jpfight/20190811/index.html


ここぞというときの逆張り買い。

JP法は、その場面に強い投資手法です。

今回の大幅下落からの反騰のパターンは、過去においてたくさん例があります。

買い出動しようと思えば、いつでも出来たはず。

それをサイン点灯というかたちで教えてくれるのがJP法。

当会のソフトユーザー様は、こういう場面で出動し、儲けておられます。

古くからのユーザーの皆様は、何十回と経験してきた事なので、
暴落をおそれることはありません。

いつサインが出るかと手ぐすねを引いて待っておられます。

昨年12月の暴落、そして今回の5月でも手が出せなかった向きは、
投資スタイルを変えた方がいいのかもしれません。

〇JP分析メニューの使い方で、

「逆張り買いサインが消えたら行動する」をアップしました。

下記からご覧下さい。

JPソフトの使い方 はじめの一歩・二歩

画像1

画像2

週足

日経平均と日経平均VI指数
画像2


S&P500とVIX指数
画像3


画像3
※カブステーション

データ
画像2


画像1
※カブステーションより

データ
画像2


画像2
※カブステーションより

データ
画像1


↑このページのトップヘ