JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

カテゴリ: JPソフトの使い方

勢いが出てきた株
画像1

割安株
画像1


画像1

画像1
画像1

画像1
画像1

画像1
画像1

画像1
画像1

画像1
画像1

画像2
画像1




画像1

画像1

画像1

JP分析ソフトを使い売買サインを出しました。



画像2

画像1


画像1

画像2

仕掛け
画像1


今日は消えるでしょうか・・・?
画像1


テクニカル分析 ハイ&ロー

◯買い転換、●売り転換
画像1



メインメニューから「JP分析メニュー」-チャート

1004日経平均日足を表示
画像1

画像1

画像2

画像1

画像1

図解JP法(92)のサインが点灯した時、WORK分析日足シート40番の合格数がピーク打ちした時の検証をしてみました。

画像1

検証ポイントは、
2月28日
3月9日
3月13日
3月19日は点灯が消えたので、今回は検証からはずします。

2月28日
画像1

3月9日
画像1

3月13日
画像1

このノウハウはソフト利用事例集 第136回
WORK分析の方です。


画像1

前場引けでは、図JP法(92)が連続点灯。

PBR<1
PER<15
売り長 貸借倍率 0.3以下

ROE大きい順 10以上
画像1


■JP分析

日経平均 413番
画像2

TOPIX 413番
画像1


■WORK分析

日経平均 図解JP法(92)
画像1


TOPIX 図解JP法(92)
画像2




ここで仕掛けられるかどうかは別として、JP法で判断した逆張り買いポイントは下記です。
画像1

終わってみれば、何てことはありませんが、いざその時だと迷いますよね・・・。

これが逆張り買いの難しさです。

しかし、それを乗り越えるとこうした銘柄に出会えます。

「JP分析」ソフトを使いました。

225採用銘柄の合格数グラフ
画像1

検索結果
画像1

安い順に10銘柄を選択、合成チャート
画像1

高い順に10銘柄を選択、合成チャート
画像1

↑このページのトップヘ