JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

カテゴリ: 日経225オプションの作戦

2019年11月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション11月限実績-○


画像1


■225オプション参考メール■
 +101,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +70,000円

画像1

 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +71,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



■125円刻みの作戦 勉強会■

 +82,000円

画像1


■JP会報10月号の作戦■

 +27,000円

画像1



株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

2019年10月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション10月限実績-○


画像1


■225オプション参考メール■
 +110,000円
画像1


 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +58,000円

画像1


 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +80,000円

画像1


  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



■125円刻みの作戦 勉強会■

 +88,000円

画像1


■JP会報9月号の作戦■

 +48,000円

画像1


株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

2019年9月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション9月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +138,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +131,000円

画像1

 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +59,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



■125円刻みの作戦 勉強会■

 +111,000円

画像1



■JP会報8月号の作戦■

 +60,000円

画像1



株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

2019年6月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション6月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +66,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +143,000円

画像1

 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +77,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



■125円刻みの作戦 勉強会■

 +117,000円

画像1



■JP会報5月号の作戦■

 +133,000円

画像1


株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

2019年5月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション5月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +49,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

休み


 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +12,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



5月限は10連休のゴールデンウィークがあり、ほとんど仕掛けませんでした。


休み前にリスクのある建玉は手仕舞い、安心して休めるようにしました。


JPメールは休み明け、SQ週に入ってからの仕掛けです。






225オプションの作戦 10連休持ち越し 暴騰期待型
画像1

暴落時のプット売りで堅実に儲ける作戦とは?

JP法の逆張り買いサインを見れば、底打ちが下記のように分かります。
画像1

上記のポイントで3カ所は、底打ちとなりプット売りで儲かる事は明白です。

1つのポイントは上がって再び下に向かっています。
この時、プット売りで儲かるのかどうかを調べてみます。

まず、上記サインが点灯したら、
ATMに近い行使価格を買い、その1つ外を同枚数売ります。

これは、もう一段の下げに備えるためです。
サインが点灯したからといって、翌日から上昇していく確率は100%ではありませんから。

ATMから1000円下に離れたプットを買い、さらに1つ下を売ります。
そして、サインが消えたら、売ったプットをもう1枚追加売りします。
サイン点灯中は、買い+1つ外売りをそのまま放置です。

そして利益が5万円程度で手仕舞います。
SQ持ち込みはしません。

これが堅実なプット売りで儲ける方法です。

2018年10月15日に仕掛けて17日に手仕舞い。
たった2日間で利益は、94,000円です。
画像1

SQ持ち込みはしない。
確実に利食いをしましょう。

相場の暴落後は、荒れている最中です。
その中、じっと持っているのは得策ではありません。

この作戦でキモとなる部分は、買い+1つ外売りです。
もう下がらないだろうと考え、プット売りのみはしません。
そしてSQ持ち込みはしない事。

これさえ守っていれば、堅実に儲けられる事でしょう。

ただこういったタイミングは、毎月あるわけではありません。


2019年4月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション4月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +144,000円
画像1


 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +117,000円

画像1


 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +61,000円

画像1


  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



■125円刻みの作戦 勉強会■

 +123,000円

画像1


株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

225オプションの作戦 4月限は長いから・・・

こういう仕掛けは、いかがでしょう。

画像1

22,000円を超えてきたら、利食いを考える。

下落は放置。

新しい元号、10連休のゴールデンウィークとポジティブ期待。



17000プット1枚売り 21円
16500プット1枚買い 11円

SQ持ち込み 1万円狙い
画像1


暴落期待型・225オプションの作戦

画像1

これが決まるようだと、株式市場はパニックとなっている事でしょう・・・。

大幅下落期待型・225オプションの作戦

放置していても25,000円の損失。

画像1

225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/14) SQ

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

本日SQ値は18600円超えと高い位置で決まりました。
そのため、最終利益は増加、期間内一番です。

4/14 +372,000円
画像1

損益経過グラフ
画像2

およそ一ヶ月に渡って建玉を放置した結果、37万円を超える利益となりました。

所々、ブログにてアップしてきましたから、その流れはご存じの事と思います。

もちろん、この利益は偶然です。

先の事なんて分かりませんから。

でも株式投資だって一緒のはず・・・。

それであれば、相場は先日まで、ずーっと保ち合いが続いていました。

この保ち合いでも儲かる日経225オプション取引をしない手はありません。

当然、リスクのないところにリターンはありません。

それは、各自の仕掛け次第でどうにでもなります。

銀行に預金しているより、はるかにいいでしょう。

株取引で儲からない、とボヤしている方は、一度トライしてみては。

もちろん、地政学的リスクといわれている今、プット売りを単独で仕掛けていく事は、反対です。






2017年4月限■「月々5万円年金獲得大作戦」■ ~日経225オプション取引~

-5万円年金の引き出し日は、毎月第3月曜日午前中-

○-225オプション4月限実績-○

■225オプション参考メール■
 +96,000円
画像1

 詳細は、こちらをご覧下さいませ。
 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/mail/index.html



■150万円を月5%でまわす手法■

 +78,000円

画像1

 http://www.neuralnet.co.jp/225option-prog/sakusen/index.shtml



■JPメール配信■

 +150,000円

画像1

  http://www.neuralnet.co.jp/jpmail/index.html#01



株式投資で儲かりにくいときはオプション取引。
もう皆様ご承知のことでしょう。
***********************************

今からお話しする内容は、株式投資、FXで十分に儲かっている皆様、

並びに、お金儲けに興味がなく、趣味で株取引をされ一喜一憂されている方々

には興味がわかないと思います。


ただ、株でもFXでも225先物でも儲からない・・・。

いったいどうしたらいいんだろう・・・。

とお考えの皆様には是非ご一読されて欲しい内容です。


■なぜ今225オプションなのか?

株式投資、FX。これらは共に相場の方向をピタリと当てないと儲かり
ません。

しかし、225オプションは、相場の方向をピタリと当てなくても儲かる
金融商品です。

FX感覚で取引をした場合、相場が上だと思えば、コールの買い、
相場が下だと思えば、プットの買いとなります。
これらの買いは、損失限定ですから、バクチ感覚で取引が可能です。

しかし、これから本格的に225オプションを学び、
将来に渡って儲けを継続していきたい。
また、相場の上下をピタリと当てるのをあきらめた・・・。
先物では儲からない・・・。

という皆様には225オプションの「売り」を主体とした
取引をおすすめいたします。

この「売り」をメインとした取引こそ、相場の方向をピタリと当てずに
儲ける手法です。

225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/11)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

本日は横ばい。ザラ場で18700円割れがあったものの引けでは上となり、18747.87円、-50.01円でした。

日足では、4/4以降、一段下がって保ち合いが続いています。19000円下から18500円上。

4/11 +214,000円
画像1


必要証拠金 26万強
画像3


損益経過グラフ
画像2




225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/10)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

先週末は、シリアの軍事基地へのミサイル攻撃、米中首脳会談、米国雇用統計とイベントが
多々ありました。

それらを通過し本日の日経平均は、18797.88円、+133.25円です。

225オプションの損益は、19000プット買いがインザマネーとなっているため、
まだ利益はそこそこあります。

当初の目標は5万円の利益でしたが、相場が弱含んだため目標は突破しています。

4/10 +139,000円
画像1


必要証拠金 31万弱
画像2


損益経過グラフ
画像3



225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/7)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

日経平均一時18500円ギリギリまで下落しましたが、以降は上昇に向かい
前日比プラスへ。18664.63円、+67.57円でした。

昨日に比べて利益は減少。この位置でSQが決まれば、利益は27万円超えです。
取らぬ狸の皮算用ですが・・・

4/7 +109,000円
画像1


必要証拠金 36万ちょい
画像2



損益経過グラフ
画像3


225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/6)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

日経平均は大幅続落、18500円台。引けは、18597.06円、-264.21円です。
日足チャートをみても、頭を垂れ下を目指しそうな感じです。

この下落のおかげで、一気に利益は増加しました。
しかし、このまま下落した場合、山の頂点から下ることになりかねません。
今日がSQならいいのになぁ。。。と思った日でした。

4/6 +184,000円
画像1


必要証拠金 35万円ほど
画像1


損益経過グラフ
画像1

225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/4)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

日経平均は大幅続落、一時18700円割れ間近と迫りましたが、
引けは、18810.25円、-172.98円です。
なんとか18800円台を維持しました。

4/4 +95,000円
画像1

必要証拠金 33万円ほど
画像3

損益経過グラフ
画像2

この下落で、利益が一気に増加しました。
このままの水準でSQ値が決まれば、165,000円の利益です。
まぁ、そんなことはないと思いますが・・・。


225オプション 2017年4月限のある仕掛け(4/3)

JP会報3月号で紹介した仕掛けです。
最初の記事
http://jpken-kabu.blog.jp/archives/1064932073.html

半年度入りの日経平均、一時19000円を超えてきましたが、その勢いは続かず。
前日比プラスではありましたが、19000円割れの18983.23円、+73.97円です。

4/3 +54,000円
画像1

必要証拠金 31万円弱
画像2

損益経過グラフ +5万円をやっと超えてきました。目標達成です。
画像1

今限月は+5万円無理かと思いましたが、思いのほか横ばいが続き、19000プット買いの
プレミアムがはげず到達しました。



↑このページのトップヘ