JP法株価分析システム

ジャンピングポイント株式投資法の解説と日経225オプションの作戦 J・P法(ジャンピング・ポイント株式投資法)とは・・ 一口でいうと、検証可能な形でそのノウハウが公表されたローリスク・ハイリターンの 科学的投資法であり、基本的に市場の非効率性を衝いた逆張り投資法です。

タグ:JP法

画像1

JP法による「2つ山超え順張り買いポイント」はここ
画像1

日足 15日ハイローバンドが陽転
画像1

ザラ場週足 412番
1

日足
画像2

週足
画像1

2つ山超え
画像1

ハイローバンド型
画像2

連続点灯中
画像1

「このサインが消えたらコール売り」

9月24日サインが消える。ここがコール売りポイント
画像1


「このサインが消えたら下落に注意」

テクニカル的に点灯している間はかなりの高値圏といえる。

9月27日にサインが消え、下落に備える。
画像2




点灯中
画像1


9/11 10時過ぎに日経平均は21500円を超えてきました。

「さて、ここから買うか・・・」という方もいらっしゃる事でしょう。

JP法の買いサインは、どこで点灯したのかというとこんな感じです。
画像1

今回は、順張り買いサインが続出し、いつでも買えたといえます。

絶好の買い場は、サインが2つ同時点灯し、かつ逆張り合格数がピーク打ちをした時です。

JP法株価分析システムのソフトユーザー様であれば、どなたでも上記のチャートは
表示出来ます。



406+408
画像1

点灯箇所
画像1

10月SQまでのシミュレーション
画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1


413番と逆張り買い合格数グラフ
画像2

413番と騰落レシオ 70ポイント以下
画像1

画像1

図解JP法 第68回


画像1

チェックするとこうなります。
画像2


6300アピックヤマダ、JP法による逆張りの買い場はここだ!
画像1


4751サイバーエージェント 逆張りの買い場はここ
画像1


25日・75日移動平均、GC後のピーク打ちで底近辺か?

画像1

下のグラフは、GC後からDCするまでの数。

4563アンジェス、JP投資法はここで買う。

画像1

↑このページのトップヘ